8K/4K + PCI Express FPGAデザインサービス

 

 

超高解像度の大画面で複数のデータを表示したい、超高解像度のデータを表示したいけどタイムラグが気になる。そんなお悩みをお持ちではありませんか?

従来のCPU/GPUに依存したシミュレーションやデータのビジュアライゼーションは、8Kで表示する場合は2台が限界でした。また、データ処理を行う際にCPUと頻繁に通信を行う関係から、超高解像度データを処理するには時間がかかり、ビジュアライゼーションにタイムラグが生じていました。FPGAコンピューティングは圧倒的な演算処理能力はもちろん、CPUには依存せずに単独で演算処理が可能なことから応用範囲が広く、現在最も注目を集めている手法のひとつです。

データのビジュアライゼーションにおいても、CPUに依存しないため1台のPCから理論上無制限の画像を表示することができ、またその演算処理能力から「リアルタイム」で超高解像度表示が可能になります。

金融や自動車・重機開発、各種映像化が必要なシミュレーション等、様々な分野でより革新的な環境を実現します。

 

高解像度の8K映像機器を短期間で開発

  • 最大8K 60フレームの映像を2画面出力可能なベースデザインを使用し、目的の映像機器を短期間で開発します。
  • ベースデザインは12G-SDI x8Lane出力、PCI-Express Gen3 x16Lane対応です。  他の規格もご相談ください。
  • 8K 120フレームやそれを超える解像度も対応いたします。
  • 特殊な映像出力や映像データを長距離伝送、大量のディスプレイを表示する用途に。

リアルタイムのビジュアライゼーション用途

  • OSと分離した構造をしていますので、複雑な映像系の関数を覚えなくても簡単に映像表示ができます。
  • 数値シミュレーションの結果を8Kや複数の4Kディスプレイでリアルタイム表示するができます。
  • Matlab等の数値シミュレーションと連携可能です。

【パンフレット】

 

国立大学、研究所への納入実績が多数あります。FPGAを応用した専用演算器や特殊機器に関して是非ご相談下さい。環境構築から承ります。