ベクトロジーの歩み

 

2016年

  • 株式会社設立

2015年

  • 株式会社化の準備

2014年

  • C言語から専用演算回路への落し込み 
  • 高位合成に頼らない高品位の移植を目指し変換作業の依頼が増加 
  • FPGAに実装できない相談などを引き受け、更に経験を蓄積

2013年

  • ASIC向けEDAツールのベンチマーク 
  • ジュリア集合体専用回路を更に巨大(約1億Gate)にして16nmプロセス向けに再構築して提供 
  • 2GHz、5Tops超えの配置配線結果を実現

2012年

  • Xilinx社 Virtex-6 LX760を4発使用したシステム 
  • 最大400MHz、室温(25℃)では350MHzで安定運転を達成 
  • 350MHz、686Gopsで動作させ、1920x1080x60fpsを汎用のCPU/GPUでは達成不能なレイテンシで達成

2011年

  • ジュリア集合専用演算器をSpartan3に実装 
  • 汎用FPGAに汎用演算器の実装を諦め、専用演算器の実装に方針を変更 
  • 廉価・小規模FPGAで250MHz動作を達成し、演算能力もデスクトップPCを超える結果を達成 
  • AXIに直結可能なDVI出力できるグラフィックIPが完成

2010年

  • FPGA専用ベクトル演算器の検討 
  • 消費電力測定の研究用にFPGA/ASIC共用ができる汎用CPUを提供 
  • CPUなしでUARTから文字列で制御が可能なIPが完成

2009年

  • 汎用ベクトルプロセッサ(行列演算器)の検討 
  • 内部制御用の極小マイコンのIPが完成